World Contact.jpn

お問い合わせ

はじめてのコンタクト

コンタクトレンズは高度管理医療機器です。必ず眼科による検査・処方を受けましょう。

インターネットをはじめ気軽に購入できるようになったコンタクトレンズですが、医療機器でもあるコンタクトレンズは、事前に眼科医に処方を受ける必要があります。 コンタクトレンズは、ひとりひとりの瞳の状態にあわせた処方で正しくお使いいただくことではじめて視力補正効果を発揮します。
コンタクトレンズを安全に快適にお使いいただくためにも、正しいステップを踏んで自分にあったコンタクトレンズをお使い下さい。

コンタクトレンズご利用までの流れ

1眼科での検診・診察

コンタクトレンズは高度管理医療機器です。

コンタクトレンズは眼に直接触れるものです。コンタクトレンズの選択や消毒・装用方法等、誤った方法のまま使用し続けることで、 知らないうちに眼の疾病を招く危険があるため、適切な管理が必要として厚生労働大臣に指定されている医療機器のため、眼科にて相談のうえ正しく使いましょう。

正しい装着方法を守りましょう。

コンタクトレンズは決められた期間内に交換し、1日の装着時間を守りましょう。

適切なコンタクトレンズケアを行いましょう。

洗浄と保管方法をしっかり守りましょう。
コンタクトレンズを装着すると、眼からの分泌物や手指からの汚れ、化粧品、空気中のごみ、細菌やカビなどが付着します。 取り扱うときは必ず手をよく洗い、コンタクトレンズを保存するケースも定期的に交換してください。

定期的に検査を受けましょう。

異常を感じなくても、定期的な検査をおすすめします。
コンタクトレンズの装着に慣れてくると、もう大丈夫と思いがちになります。 眼科へ行くのが面倒になると思う方もいるかもしれません。 そのとき、あなたの目が危険にさらされているかもしれないのです。 眼障害の多くは、発症時にはほとんど自覚症状がありません。 コンタクトレンズを装着していて、くもる・眼が赤い・痛い・かゆいなどの症状がある場合は自己判断で装用を続けず、コンタクトレンズの装用を中止し 眼科医の診察を受けて下さい。症状が進行すると治りにくくなってしまいます。

2販売店でレンズを購入

眼科医による処方データに基づいて、コンタクトレンズ販売施設などでレンズを購入します。
必ず眼科医の検査・処方によってお求めください。
「装用時間を正しく守ること」「取扱方法を守り、正しく使用すること」「定期検査は必ず受けること」「少しでも異常を感じたら直ちに眼科医の検査を受けること」 「装着してもよい時間数」など、しっかりと眼科医の指示のもと、眼の安全を守るために、レンズの取扱いには十分注意してください。
当サイトでは、「おすすめの眼科」「おすすめのコンタクト製品」をご紹介しておりますのでご活用下さい。