World Contact.jpn

お問い合わせ

眼科での検査・診察

コンタクトレンズを購入するためには、医師による診察が必要です。
医師により、コンタクトレンズの装用に問題がない目であると判断されてはじめて、コンタクトを目に入れることができます。

まずは眼科で検査・処方を受けましょう

初めて当院へお越しの方で、現在コンタクトレンズを使用されている方は、使用状況、お困りのことなどを把握させていただくため、規格が分かるものがあればお持ち下さい。

1初診

目の状態や、ご希望のコンタクトレンズの種類どのような時に使用するのかなどをお聞きします。

コンタクトレンズを入れられる眼の状態か、どのようなコンタクトレンズの種類が最適かを検査します。

問診でお聞きしたことや、検査の結果をもとにコンタクトレンズの種類を決めます。 不安に思っていることや、疑問に思っていることなどございましたらご質問願います。 目の状態によってはコンタクトレンズを使用できない場合や、選べるコンタクトレンズの種類に限りがあることがあります。
コンタクトレンズが使用できると判断されたら、その方の眼にあうテストレンズを入れてみます。 見え方や、コンタクトレンズの動きが問題ないかを検査します。

初めての方はコンタクトレンズの出し入れの練習をします。 安全に出し入れ出来なければ、後日出し入れの練習に来ていただく場合があります。
消毒方法などの説明の後、テストレンズをお持ち帰りいただき、数日~2週間程度試しに装着して頂きます。 初めて使用する場合、そのときに良いと思われたコンタクトレンズでも数日いれると、結膜炎やコンタクトレンズの張り付き等でコンタクトレンズの種類変更が必要になることがありますので 来院された日に購入レンズをお渡しするようなことはありません。 使い捨てのコンタクトレンズの場合、必ず試用期間を設けております。

2再診

コンタクトレンズを入れて数日たった後の見え方と眼をチェックします。 前回見えていてもしばらく使っていると、きつい感じがして疲れやすかったり、逆にもっと遠くまで鮮明に見たいと感じたり、 度数の調整が必要な場合、再度のテストを行います。 見え方がよければ購入レンズを開けて使用してもらいます。開封前に持参して頂ければ、返品も可能です。 交換が必要な場合は、新しいテストレンズを入れ直してさらに数日試して頂くことになります。

ハードレンズや使い捨て以外のソフトコンタクトレンズの方は、新しいコンタクトレンズが到着してから来院された際に見え方と眼をチェックします。

3定期検査

眼の状態により1ヶ月から3ヶ月毎に定期検査にお越し頂きます。 現在使用中のコンタクトレンズで眼に負担がかかっていないかをチェックします。 負担がかかっていないようなら、他の種類のコンタクトをご提案します。 価格的なことで変更が難しい場合は装着期間の短縮や点眼薬を併用し、少しでも眼の負担を軽くする方法を一緒に考えます。
充血や目ヤニ、痛みがあるときには定期健診予定前でも診察を受けてください。

4眼科への検診・診察は「花川眼科」へお任せ下さい

コンタクトレンズ初処方・新規購入をご希望の方は、処方するための検査にお時間がかかる場合がございますので、恐れ入りますが診察時間1時間前までに受付して頂きますようお願い申し上げます。